自転の拠り所と黄道などについて実習しました

地球について学校しました。フーコーの振り子の動き一部分を回転させる考えの器量は、回転している世界中から見分けるための転向力であり、高緯度ほど強く行ないます。フーコーの振り子の実験は、パリのパンテオン寺院で行われました。振り子の動き一部分は、北極では地球の自転とおんなじ速さで、地球の自転と逆向きに回転します。低緯度に出向くほど振り子の動き一部分の回転の速さは遅くなり、赤道では徹頭徹尾回転しません。日光のお日様周スポーツのテンポは1恒星お日様より約4分長く、これを1日光お日様(常時)といいます。1日光お日様が1恒星お日様より長いのは、日光が1日に約1°天球のちを西から東へ移動しているように当てはまるためです。日光の移動して行く道すじを天球上に投影したものを黄道といいます。黄道は、地軸の傾きの結果赤道一部分と約23.4°傾いていらっしゃる。このようなことを覚えましたが、知らないことがほとんどだったので時間があるときに復習をしたいなと思いましたし、勉強になりました。急にお金が必要になった時